立地の選び方

賃貸物件は色々なところにあり、駅前にある物件もあれば住宅地の中にある物件もあります。住む人によってどんな立地が適しているかが異なるので、利用する人のライフスタイルを考えながら良い立地の物件を探す必要があるでしょう。

駅近の賃貸物件はなぜ人気があるの?

賃料が安くて立地もいい賃貸物件の特徴は何?

賃貸物件を選ぶとき周辺のどこをチェックする?

間取りの選び方

賃貸物件にロフトがあるとお得なの?

賃貸物件の1Rと1Kってどんな違いがあるの?

トイレバスが一緒の賃貸物件のメリットはどこ?

トイレバスが一緒の物件とは

トイレバスが一緒の物件とは、同室にトイレとバスがある間取りのことを言います。「2点ユニットバス」や「3点ユニットバス」という形式のものも多く見られます。 さて、賃貸物件を探すとき、「トイレ・バス別」を条件に入れる人も多いのではないでしょうか。 ただ、都心の単身用物件のように、あまり広さを確保できない場合にはトイレとバスを一緒にした物件も数多くあります。 もし、気に入った物件のトイレとバスが一緒だったら、その物件に決めてしまっていいのか悩んでしまうかもしれません。 そこで、今回はトイレバスが一緒になった物件のメリットについて考えてみました。 トイレバスが一緒の賃貸物件のメリットとして、家賃が安い、掃除がしやすい、居住スペースが広いという3つが挙げられます。

トイレバス一緒の物件の3つのメリット

まず、なんといっても家賃相場が安いことが挙げられます。 ライフスタイルによってはトイレ・バスが別であることが外せないというタイプの人もいるかもしれませんが、その部分にこだわりがない人にとっては、割安の部屋が探しやすくなるでしょう。 次に、トイレ・バスが別の物件と違って、同室に水回りが集中しているため、掃除を行う際には一緒に済ませてしまえることがメリットです。 分散していたり広い部屋よりも、手軽にささっと掃除ができてしまうことで、常に部屋を綺麗にしておく習慣を続けやすいかもしれません。 最後に、トイレバスが別の物件よりも、一緒になった物件の方が、残る占有面積が多い、というメリットがあります。つまり、そのほかの居住スペースが広くなるということです。生活の大部分を占めるのは、そのほかの居住スペースでの生活です。 どちらを広くとりたいかというのも、大事な部分になってくるでしょう。